NLPとは


NLPは、ビジネス、教育、家庭、医療、スポーツ、政治等と環境や状況を超えて使える実践心理学の方法論です。
これは、コミュニケーションを例に取ると分かるのですが、どの状況であっても卓越したコミュニケーションが取れれば、さまざまな分野で恩恵が得られます。

あなたがNLPを学ぶ事で

・人材育成や人をサポートをする仕事をされる方には、具体的なスキルやテクニックが身につくため協働する効果的なコミュニケーションを楽しむことができます。
・自分自身を深く知ることにより、内的葛藤が解放され、人間関係においても効果的なコミュニケーションがとれ、より自然に楽に生きていけます。
・自分の未来に対して、具体的な方向性や実現するための方法論がわかり、
また、それを達成できる自己イメージが向上します。

そこで、NLPとは?
NLPって聞いたことあるけど、いったい何?
コミュニケーション心理学なんてほんとに使えるの?
コーチングとは違うの?
でも、最近よく耳にするから、、気になるなぁ…。
こんな感想をよく耳にします。
今、思えば…私もNLPを学ぶ前は同じセリフを口にしていました。

NLPは、1970年代中頃に、当時、カリフォルニア大学サンタクルーズ校で言語学の助教授だったジョン・グリンダーと、そこで心理学と数学を研究していたリチャード・バンドラーによって研究、開発されました。

リチャード ・ バンドラー博士と

当時、天才心理療法家と言われた3人の卓越した治療手法に着目し、彼らの言語、非言語における共通パターンを分析し、体系化したものです。
その3人とは以下の方達です。
★フリッツ・パールズ(精神科医・ゲシュタルト療法)
★バージニア・サティア(心理療法家・家族療法)
★ミルトン・エリクソン(精神科医・エリクソン催眠)
その他、グレゴリー・ベイトソン(精神医学者)、ユージン・ジェンドリン(哲学者)カール・ロジャース(臨床心理学者)からも広く影響を受けています。
また、フリッツ・パールズにおいては、日本の鈴木大拙氏(禅文化を海外に広めた仏教学者)とも親交があり、京都の大徳寺へ禅修業の来日経験もあります。

1980年代には、NLPは心理療法の分野から、脳科学にもとづくコミュニケーションスキルとしても効果的な結果を表し、ビジネス、教育、医療、スポーツ、家庭、政治といった幅広い分野で拡がりを見せました。
アメリカの元大統領クリントン氏やオバマ大統領が演説にNLPを生かしたというのは有名な話です。
人が無意識に使う言葉(言語)や、表情、しぐさ(非言語)が、人の心を魅了したり、癒したり、気づきを促したり…と、深層意識を意識化することで、望むプログラムに変更できるよう体系化し、誰にでも使えるようにマニュアル化したものです。

NLPはセラピーを超えたテクノロジー
人は、物事の体験を五感で認識し、言葉にして、感情がわき、行動するという順序にそったプロセスがあります。
それは、人それぞれ独自の脳の中にあるプログラミングが発動する仕組みです。
人の全ての体験の意味づけは、脳のプログラミングによるものだと。

NLPの活用で、楽しみながら五感にアプローチすることで、言語、感情、思考、行動パターンのプログラミングを再構築してゆく事ができます。

また、NLPは心理療法がベースにあるので個人の問題も解決したり、多くのことが一気に解放されることも実感できます。
個人の癒しもしかり、目標実現にむけて望む現実を引き寄せるための、
いわば…脳科学に基づいた「脳のトレーニング」と言えるのかもしれません。

そこで、テクニックやスキル以前に、私は大切にしたいことがあります。
それは・・・今まで以上に、より「自分を知ってゆく」こと。
「人はその時々で最善を尽くしつつ、全ての行動には肯定的な意図がある」
日常のふとした時、「今、自分のプログラムのどこが機能して、どこが機能していないのか?」などを気づくことです。

Comments are closed.